マークファミリー・サポート・センターとは

子育てを助けてほしい人(依頼会員)と子育てのお手伝いをしたい人(援助会員)が 会員になって、相互の信頼と了解のもとに助け合う組織です。相互援助活動を行うことにより、 子育て支援の輪をつくり、勤労者等が仕事と育児を両立させて、安心して働くことができる 環境づくりに資することを目的とします。国の施策として行われています。 (厚生労働省の紹介ページ)

ファミリーサポートしくみ

マーク四日市市ファミリー・サポート・センターについて

四日市市ファミリー・サポート・センターは、1997年四日市市 市民部女性課※ が設置し、NPO法人 体験ひろば☆こどもスペース四日市が2004年より受託し、運営 している子育て支援事業です。2017年9月末現在、総会員数は約1,500名、毎月約200件 近くの援助活動が行われています。
※2013年4月より主幹課が 四日市市こども未来部こども未来課に変更されました。

矢印援助会員講習会・・・年2回実施(無料・託児有り)
矢印依頼会員講習会・・・年4回実施予定(無料・託児有り)
矢印交流会・・・年2回実施(会員以外の四日市市民も参加できます)

上へ